新作 ヴィヴィアン ウエストウッド Vivienne Westwood 長財布 ピング


【ブランド】:Vivienne Westwood(ヴィヴィアン 長財布
【サイズ】: 横 19.5cm / 縦 10.3cm
【カラー】:画像通り
【状態】:新品/未使用
【素材】:PVC×内部カーフレザー/ゴールド色金具
【収納】: カードケース×12 / ポケット×4 / クリアポケット / 札入れ×1 / ビックファスナー(多目的ポケット1)
【付属品】:専用BOX

多少の誤差はご了承くださいませ。

[caption id="" align="alignnone" width="500" caption="新作 ヴィヴィアン ウエストウッド Vivienne Westwood 長財布 ピング"]新作 ヴィヴィアン ウエストウッド Vivienne Westwood 長財布 ピング[/caption]
[PR]
# by viviennesaihu | 2013-05-31 10:40 | ヴィヴィアン 長財布

写真拡大

bloodthirsty_butchers(写真左端が吉村秀樹)
bloodthirsty butchersの吉村秀樹(Vo,Gt)が亡くなったことがわかった。享年46歳。

【もっと大きな写真を見る】

同バンドのオフィシャルサイトによると、吉村は5月27日に急性心不全を発症。葬儀は「夢を売る職業を大事にしたい」という遺族の意向により、近親者のみで執り行ったという。

吉村秀樹は1967年生まれ、北海道・留萌出身,ヴィヴィアン iphoneケース。1987年に札幌で高校の同級生・射守矢雄(Ba)、佐野紀代己(Dr)と共にbloodthirsty butchersを結成し、1990年に1stアルバム『BLOODTHIRSTY BUTCHERS』をリリースした。2003年からは田渕ひさ子(Gt/toddle、LAMA、ex,ヴィヴィアン 靴.ナンバーガール)をメンバーに加え、精力的に活動。世代を超えた数多くのアーティストたちに大きな影響を与えた。バンド結成25周年を迎えた昨年12月には13枚組のボックスセット『血に飢えた四半世紀』を発表した。

なお、bloodthirsty butchersが出演を予定していた『YATSUI FESTIVAL! 2013』『KESEN ROCK FESTIVAL'13』『JOIN ALIVE 2013』などのイベントへの出演はキャンセルとなる。各公演の詳細やチケット払い戻し方法などについては各会場、または各イベントのオフィシャルサイトで確認しよう。 bloodthirsty butchersの吉村秀樹が逝去、享年46歳
[PR]
# by viviennesaihu | 2013-05-31 10:36 | ニュース

 現在、そうしたコメントは削除されているが、本人もブログの中で「コメントたくさん削除されてしまい、まだ読めてなかったからすみません」「わたしは消してないのですが」と言っている。削除理由についての詳細は不明だが、事務所サイドが作為的に操作したのだろう。批判を受けるのもまた仕事のひとつとも言えると思うのだが、事務所とすれば放っておけなかったようだ。

写真拡大

※イメージ画像:光上せあら『君となら絶好調』エイベックス・トラックス

「光上せあらといえば、2007年に第二の倖田來未(30)としてエイベックス一押しの歌手としてデビューしています。しかし、そこまでプッシュしておきながらデビューシングルがわずか500枚しか売れなかったという伝説の持ち主で、そのことは番組でもイジられていましたよね。その後、彼女はSDN48の二期生のオーディションを受けましたが落ちて、翌年の三期生のオーディションに合格してSDN48の一員として活動を始めたわけです,ヴィヴィアン iphoneケース。しかし、加入後わずか半年足らずでSDN48自体が解散。デビュー時には脚光を浴びるもまったく売れず、SDNに入ったかと思えばすぐに解散ですからね。番組では、芸能界での立ち居振る舞いに迷っているようでしたが、これだけ振りまわされると仕方のないことなのかもしれませんね」(芸能記者)

 番組中、有吉に「将来どんな風になりたいのか?」と聞かれた光上は、「椎名林檎になりたい」と発言した。どうやらこれが林檎ファンの逆鱗に触れたようで、番組が終わると光上のブログには、「全国の椎名林檎ファンに謝れ」などの書き込みが殺到したのだ。

 そんな光上の今後の芸能活動について、有吉は「風俗の方で…」と有吉らしいアドバイスを送る。もちろん何の指針にもならないオチとしての助言だが、光上とすればこの番組出たことが大きなチャンス。番組内での「椎名林檎になりたい」という発言が一部の視聴者の反感を買ってしまったかもしれないが、それも含めて、光上せあらという個性は発揮できた。番組終了後に更新されたブログでは、「たくさん迷った事もやめそうになった事もあるけど、有吉先生に相談出来た今日があるから、またいろいろやってゆくよ わたしらしく」と綴っている。きっと、その“わたしらしさ”の先に新しい光上せあらがいることだろう。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である,ヴィヴィアン ネックレス!』(宝島社新書)

 番組では、ドS女王様キャラとして、ファンとの交流では握手会ならぬ“金タッチ会(男性の金を…)”をしていると語っていた光上。他にも、小倉優子(29)のものまねや、大食いという特技を活かして『元祖!大食い王決定戦』(テレビ東京系)に出演経験があるなど、必死に個性をアピール。しかし、元SDN48でメンバーだった野呂佳代(29)には「SDNでは嫌われていた」「嘘が多い」と指摘され、人間性に問題があるのではないかという話に発展。光上は、必死に「歌も踊りもできちゃうから、他のメンバーには嫉妬されていた」と反論するが、自分のマネジャーにも「人間性はまったくダメ」と言われる始末。「レコーディングのときにも歌詞を覚えない。売れた同僚への妬みがひどい」などと暴露されていた。

 28日に放送された『ロンドンハーツ2時間SP』(テレビ朝日系)に元SDN48の光上せあら(25)が出演。名物企画「有吉先生のマジ進路相談」のコーナーに登場し、有吉弘行(38)から今後の芸能生活について指導を受けた。しかし、そんな未来を見据えた番組でありながら、にわかに光上に対する非難が湧き上がっている。いったい何があったのだろう。

「椎名林檎になりたい」元SDN48の光上せあらに非難殺到!?
[PR]
# by viviennesaihu | 2013-05-31 10:36 | ニュース

「シンガクPad」導入開始!沖縄の教育現場で進学情報が電子化


インターネット時代は情報伝達のスピードは早く、広く伝わるようになった。しかし情報利用において格差になっているケースも発生している,ヴィヴィアン iphoneケース

特に教育現場における進学では地方と大都市の格差が広がっていると言われている。大都市では、学生はリアルな手段でも容易に情報を手に入れることができる一方、地方都市では、大都市のように実際に学校を訪問などリアルな手段は容易ではなく、専門のインターネット情報提供サービスも乏しく進学を目指す学生にとっては不公正な状況となっている。


沖縄県では、教育格差をインターネットとITを使って改善するため沖縄県産業振興公社「地域連携プロジェクト推進事業」として沖縄高速印刷株式会社と株式会社ハンズ・コムの2社により、進学情報コンテンツの電子化と高校進路指導室への情報端末設置を進めている。

■進路選びの新しいカタチ「シンガク図鑑ポータルサイト」開設
初年度となる2013年の今年は、「シンガク図鑑ポータルサイト」が開設されている,ヴィヴィアン ネックレス。このサイトは、沖縄県内外の進学先情報を掲載する情報サイトとなっており、電子化された学校案内などをいつでも閲覧できるだけでなく、大学側による資料追加も予定されている。

■「シンガクPad」今年度の設置希望数が満杯
このサービスで注目したいのが、「シンガク図鑑ポータルサイト」を十分に活用できる「シンガクPad」だ。この、「シンガクPad」は、各高等学校に設置され、学生はいつでも「シンガクPad」を利用して必要なときに資料を閲覧できることだ。

導入が開始されたシンガクPad


「シンガクPad」は、2013年4月より予定していた10校の設置募集も、3月時点で全ての募集枠が埋まる反響があり、今年度中には12校にシンガクPadの追加設置が予定されている。すでに、県立那覇西高等学校/私立沖縄尚学高等学校/私立興南高等学校には、試作機が設置されている。「シンガクPad」には、既に大学案内などの進学情報 120校分が電子化され端末で閲覧可能となっており、掲載校も順次追加作業中だ。

また同サービスではテレビ電話を利用した進学相談も予定されている。志望校が近くにあれば実際に足を運んで調べることができるが、そうでない場合は簡単に現地まで出向くことはできない。そこでWebカムを利用して面談をしながら情報確認をしようという試みだ。


・シンガクPadデモビデオ

■シンガク情報フェスタでデモ展示を予定
6月4日(火)~6月7日(金) 沖縄県内各地にて、約3,000名の高校生が参加する沖縄の高校生のための「シンガク情報フェスタ2013」の開催も予定されており、シンガクPadの展示とネットを活用した進学相談の実証実験を実施する。

同フェスタでは、272校の大学・短期大学・専門学校・養成校が参加、215校の相談ブースが設置される。今年も県内最大の進学相談会として、県内各地で開催される予定だ。

・シンガク情報フェスタ

学生にとっては、進学情報格差は大きなハンディキャップにもなるほか、学生を受けいれる学校側にとっても利便性の向上が期待され、今後の教育現場における情報の電子化に大いに期待したい。

[PR企画]


■シンガク図鑑ポータルサイト
■株式会社 ハンズ・コム 沖縄高速印刷株式会社
[PR]
# by viviennesaihu | 2013-05-31 10:33 | ニュース